NEWS

ニュース

madridは、スペインバルのモデル店としてオープン。今年は15周年です。

2019.04.01

マドリードは、渋谷のマークシティ 西口改札から徒歩で30歩もない駅近の店ですが、東急プラザから始まる 渋谷中央街という街区に本格スペインバルのモデル店として開店しました。

スペインのバルは基本的に立ち飲みスタイルで、マヨール広場同様どこの村や町でも必ずあります。入口はバルで奥はレストランという飲食スタイルの営業をしてします。弊店も1Fがバルで2Fがレストランという形です。

15年前は立ち飲みバーカウンターにはだれも見向きもせず、椅子がないため多くの顧客は帰ってしまいました。

2年間位は何とかスペインバル文化を浸透させるべく努力しましたが顧客が増えてきたためやむなく椅子を入れた次第です。

それにスペインでは朝の6時頃から開店して近くに住む方達やオフィスに向かうビジネスマンに朝食の提供をします。

朝ごはんのも当然トライしました。チュロス&チョコレート(ココア)やコーヒー、パン コントマテ という焼いたパンの上にトマトを塗るスタイルです。毎朝店頭にサンドイッチサンプルを出しておくといつの間にか無くなります。??

ずっと見張っていると、なんと浮浪者がサンプルを持って行って食べていました。

何回かトライした結果仕方なくモーニングサービスは終了にしました。

異文化や食文化はそう簡単には受け入れてもらえず苦労の連続でした。続く。。。。。

                      ★パン コン トマテ です。